201508/03

小じわは消しても翌日に戻る!シワを予防改善する簡単テクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
顔のしわを気にする女性

シワは一度消しても翌日から出来ることをご存知ですか?

少しでもあると一気に老けて見えるシワ。シワは25歳前後から少しずつ目立ちはじめ、特に30代後半以降になると、目元のシワが段々と気になってきます。いくら目元のシワはよく笑っている証拠といわれても、やはり目立たないに越したことはありませんよね。

では、ここで「アナタの目元 小シワ度チエック」!

アナタの目元はどんな状態でしょうか?次の質問に答えてください。

  • 笑いジワなど表情ジワが気になる
  • 目元のファンデーションがヨレやすい
  • 目尻のラインが目立つ
  • 肌にハリがなくなった
  • 肌が硬くゴワついている

ひとつでも当てはまれば、目元の小ジワのお手入れが必要です!

これから『目元のシワを予防・改善するためのカンタンなテクニック』をご紹介します。まずはシワが出来る原因・メカニズムを知って、効果的なシワ予防・改善をしていきましょう!

1目元のシワは出来やすい!その原因とは?

1-1 目元はほかの2倍シワになりやすい!?

目元のシワは、ホウレイ線と並んで、20代から気になり始めるシワです。それは、目元独特の事情で、眉間や額などほかの部分よりシワになりやすいため。その事情とは「表情ジワになりやすい」ことと「小じわになりやすい」ことの2つ。

1-2 表情ジワになりやすい

私たちの顔には約20種類の筋肉が張り巡らされているといわれます。表情ジワは、これらの筋肉の収縮または弛緩によって、喜怒哀楽などの感情を表情として表せるようになっています。このシワは高齢者とか若年者、さらに子供など年齢に関係なく、同じ感情の表現であれば、ほぼ同じ位置にあらわれるシワ。つまり、0歳からシワを作る練習をしているワケです。

1-3 小ジワになりやすい

目の下の小じわ

出典:スキンケア大学

小ジワは、シワの中でも程度が軽いもの(初期状態)で、例えば目尻に見られる“カラスの足跡”や口元に表れるシワをいいますが、明確な定義はありません。加齢や紫外線によって起こるエラスチンやコラーゲンの減少・変質だけでなく、角層の水分保持機能の低下による乾燥も、小ジワの発生に関係しています。

角層は加齢とともにターンオーバー(皮膚の入れ替わり)が円滑に行われず、角質が厚くなる傾向が見られます。そのため角層の水分量が減少して、角質の柔軟性が失われる結果を招き、皮膚表面に細かいひだや溝ができやすくなるのです。

2 シワができる原因とは?

シワは、皮膚における老化現象の一つの表れ。皮膚の老化現象を起こす原因は

  • 外的環境から受ける影響(外的環境因子)
  • 体内から受ける影響(内的因子)

の大きく2つに分けられます。

2-1 外的環境から受ける影響(外的環境因子)

太陽光線に含まれる紫外線、空気中に含まれる水分の程度(大気湿度)、大気の流動(風)、空気中に漂うチリやほこりがあります。とりわけ、紫外線の影響は大きく、光老化と呼ばれるほど。

紫外線の影響=光老化
光老化の場合は、真皮の線維成分であるコラーゲンやエラスチン、その間を埋めているグリコサミノグリカン(酸性ムコ多糖体のことですが、基質とかマトリックスなどと呼ばれます) に著しい量的または質的な変化があらわれ、皮膚の「ハリ」がなくなり、それが徐々に「シワ」へと発達していきます。紫外線対策の極致!光老化を遅らせる日焼け止めの使い方と秘策、に光老化については詳しく掲載しています。

紫外線は直接細胞のDNAにダメージを起こすだけでなく、皮膚の炎症反応を引き起こし、活性酸素を生成します。そして、活性酸素を仲立ちとして、コラーゲンやエラスチンを切断するコラゲナーゼやゼラチナーゼ(コラーゲンタンパクを分解する酵素)、エラスターゼ(エラスチンタンパクを分解する酵素)などの酵素の働きを活発にする作用を引き起こすことに。

2-2 体内から受ける影響(内的因子)

加齢による皮膚の構造や代謝量・体質の変化、様々な原因による遺伝子の変異や、体内で発生した活性酸素の影響などが挙げられます。(光老化という表現に対して生理的老化とも呼ばれています。)

加齢による変化
加齢による生理的な老化によって、皮膚細胞または皮膚組織の機能や質の低下がシワ発生を増長しています。

加齢による肌が老化した断面図

出典;ピーリングのパイオニア サンソリット

すなわち、若い頃は新しいコラーゲンやエラスチン、そしてヒアルロン酸などの成分を作る働きも盛んですが、加齢とともに新しい成分をつくる能力が低下して、たっぷりと水分を抱えながら皮膚のハリを支えていたこれらの成分が減少・変性きれる方が勝るためにシワができると考えられています。

3 紫外線や加齢でシワになってしまうワケ

コラーゲン線維の減少
ハリ・弾力の主要な成分であるコラーゲンは、加齢に伴いその生成量は減少します。そして同時に、加齢とともにコラーゲンを分解してしまうコラゲナーゼという酵素の働きが活発になり、コラーゲンが分解・消化され全体量が減少してきます。

だいたい30歳頃から、コラーゲン線維の束が細くなりはじめ、加齢とともにこの状態が増強してくることが明らかにされています。そしてこれが「たるみ」や「シワ」の主な原因となっていると考えられています。

エラスチン線維の変性
エラスチン線維は、以前は加齢とともに減少するとされていましたが、最近の研究によって、紫外線(=光老化)によっても変質・劣化してしまうことが分かってきました。エラスチン線維の劣化は、伸ばした皮膚が元の状態に戻る力が弱くなり、光老化によるシワやたるみの大きな原因の1つにもなっていると考えられています。

3-2 活性酸素とシワの関係とは?

紫外線は、コラーゲンやエラスチンの劣化だけでなく、追い打ちのように老化をスピードアップさせます。紫外線によって発生した活性酸素も、「たるみ」や「シワ」の原因になるのです。

紫外線によって発生した活性酸素は、真皮内にあるコラーゲンとエラスチンを減少させるだけでなく、タンパク変性作用で、コラーゲンの不要な橋かけ(架橋)構造を促進し、真皮の柔軟性や伸縮性を低下させ、たるみやシワを引き起こします。(ちなみに、エラスチンの橋かけは、これと異なりハリ・弾力に必要な橋かけです。)

美容においては、紫外線はまさに「百害あって一利なし」というワケですね。目元は意外と紫外線カットクリームの塗り残しやすい部分。UVケアはしっかりとしておきましょう!

アナタのシワはどの深さ?シワの種類

「シワ」を皮膚組織の面からみると、「表皮だけに起こるシワ」と「真皮にまで及ぶシワ」の2つに分けられます。

シワの種類

出典;スキンケア大学

表皮性シワ=表皮だけに起こるシワ

表皮だけで出来るシワは、表皮とせいぜい真皮との境にある乳頭層までの変化であり、皮膚表面の乾燥が原因なので、ヒアルロン酸やセラミド、アミノ酸含有の保湿性の高い美容液やクリームでうるおいを与え、サンスクリーン剤で紫外線をガードすると改善できます。

真皮性シワ=真皮にまで及ぶシワ

真皮にまで及ぶシワは、もう少し深部の真皮網状層(比較的太い線維成分が平行に走っており、真皮の大部分を占める厚い層)の変化といわれています。真皮線維成分の変化ですので、皮膚を保湿するとともに、アンチエイジング化粧品の導入が必要になってきます。

4-1 正しいケアで目元のシワを予防&改善!

目元のシワ お手入れのポイント

  • 水分、油分の補給を心がける。
  • 角層の保湿機能を整えて乾燥を防ぐ。
  • 加齢とともに失われる成分をクリームや美容液で補う。
  • マッサージやパックを定期的に行う。
  • 保湿性の高いファンデーションで外気から乾燥を守る。
  • UVケアで紫外線から肌を守る。

ファスティング系のダイエットを長期間続けたり、極端なベジタリアンになると、シワが増えやすくなります。また、目元はとても皮膚が薄いので、濃厚なクリームを塗りすぎると、重みが負担となりかえってたるんだりすることも。適量を守ってくださいね。
 

厳選!目元のシワに効果があるお勧めアイケア

◇ POLA サインズショット
POLA独自の成分で、乾燥による目元・口元の小じわを目立たなくする人気のアイクリーム。医薬部外品指定。シワの改善だけでなく、ハリ感・弾力もUPするうれしい効果も期待できます。
(POLA公式サイト、POLAのサロンなどで購入可能)

サインズショット
出典:POLA公式サイト

PR
 
 
◇ アテニア アイ エクストラ セラム
目元の小じわ、くぼみ、たるみを1本でケアできる目元専用美容液。美容液1本分の価格で、エイジングスキンケア化粧品のお試しができる、お得な限定キャンペーンも魅力!
(アテニア公式サイトでのみ購入可能)

アテニア アイ エクストラ セラム
出典:アテニア公式サイト

PR
 
 

4-2 シワ防止・改善に効くマッサージ

「マッサージはシワになる」と心配し、敬遠する人も多いかもしれません。ただこれは全くの誤解。やり方さえ間違わなければ、若々しい肌を保つのにとっても有効なのです。ぜひ、正しいマッサージを毎日のスキンケアに取り入れ、シワの防止・改善にいそしんでください。

4-3 マッサージのもたらす美容効果

  • 血液やリンパの流れが良くなり、細胞への栄養補給が行き届き、新陳代謝を盛んにする。
  • 皮膚表面の古い角質や汚れを落とし、老廃物の排泄を促す。
  • 皮膚の弾力を保持し、小ジワを予防する。
  • 皮膚組織を温めるため、化粧水やクリームの効果を高める。
  • リズミカルな快い刺激が、リラクゼーションをもたらす。
  • 皮膚を引き締め、同時に皮膚そのものの抵抗力を高める。
  • 分泌腺の働きが活発になり、皮膚表面の脂分、水分のバランスを整える。

4-4 シワ防止・改善マッサージの正しい方法

シワ防止・改善マッサージの正しい方法

4-5 マッサージの手順

  1. 額は横ジワを伸ばして額を引き上げるように
  2. 鼻筋・鼻の側面は上下に往復
  3. 目元は軽く滑らせるように
  4. 口角を引き上げるように
  5. ほほの内側から外側へらせんを描くように伸ばす

4-6 マッサージのポイント

  • 顔の中心から外側へ、下から上に向かって、シワの方向と直角に手を動かすことが基本。
  • 入浴後、皮膚が柔らかくなり毛穴が開いている状態で行うのが最も効果的。
  • 1度に長時間するより、毎日(週4回以上)1分ずつを続けた方が効果的。
  • 指先だけでマッサージすると無理な力がかかります。手のひら全体を密着させ、丸い卵を優しくなでるイメージで。
  • 洗顔やクレンジングのついでのマッサージは肌荒れになるのでNG。また普通のクリームではなく、摩擦率の低い専用のマッサージクリームを用いる。
  • 皮膚にほてりやかゆみがある時、ニキビなどの吹出物が多い時、日焼け後など皮膚が敏感になっている時、精神的・肉体的に極度に疲れている時などは、マッサージは避けまる。

4-7 目の下のマッサージ方法

目の周りのツボを刺激し、目の下のクマや目尻のシワを解消します。目元の皮膚はとても薄いのでやさしく行いましょう。

中指で下まぶたをプッシュ
親指をあごの下にあて、左右のに指を目頭に置いて、薬指をそえる。軽く3秒プッシュし、指を目尻側に動かして同様に。

中指で下まぶたをプッシュ

目尻をジグザグに動かす
中指と薬指を目尻にあて、上下にジグザグに動かしながら、こめかみまで移動する。

目尻をジグザグに動かす

こめかみを引き上げる
こめかみで目尻をぐっと引き上げて3秒キープ。

こめかみを引き上げる

5 気になる最新のシワ治療・・・安全性は?

エイジング化粧品やマッサージでは、一朝一夕でシワを伸ばせるワケではありません。すぐに解決したい目元のシワは、美容皮膚科で治療が出来ます。

比較的浅いシワ

  • ケミカルピーリングやフォトフェイシャル(IPLという光を使った治療)
  • 広範囲の中程度のシワ
  • レーザーなどを使った少し深いピーリング
  • 部分的な深いシワ
  • コラーゲンやヒアルロン酸の注入
  • 表情ジワ
  • ボトックス注射

などが代表的な治療方法。どのシワにどの治療方法が良いかは、医師によって個々に判断されます。

もし、美容皮膚科でシワ治療を希望するときには、十分な説明を受け、保険外治療なので料金などもよく納得してから治療を受けることをおススメします。また、シワは一度治療しても、またその翌日から出来始めるわけですから、日々のスキンケアの習慣を大切にしてくださいね。

まとめ

鏡で自分の顔をチェックするとき、真正面から無表情で見ることが多いので、目尻のシワが深くなってから気づく人も少なくありません。合わせ鏡の前で笑ったり横からチェックしたりして、目立たないうちからケアを始めましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはこちら

*