201702/09

枕のニオイでわかるあなたの出世人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
清潔感あふれる30代の男性に魅力を感じる女性

30~40代のあなたは、自分の枕の匂いを嗅いだことはありますか?

よだれのニオイに混じって、「古い油」のような匂いがしませんか? もし臭うようでしたら、「ミドル脂臭」と呼ばれるものです。これは、「頭皮」を中心に「耳の後ろ」や「うなじ」から強くにおいを発します。

ただ、「加齢臭」の古いロウソクのニオイとはまた別のものですが、自分以外の誰にでも不快に感じるニオイなのは間違いありません。

そんなイヤなニオイがしてしまっただけで清潔感はゼロ。それどころかマイナスです。女性の中には「(会社などで)30代くらいの男性とすれ違うときは、古い油のニオイが嫌だから息を止める」というケースも少なくないとか・・・。

こころあたりはありませんか?

女性は男性よりもニオイに敏感

ミドル脂臭に対する不満度合い

女性に、ビジネスシーン(職場)において、同僚など周囲の人の容姿や身だしなみで「どうにかしてほしい」と思うのは「ニオイ(体臭・口臭)」と、職場におけるニオイの問題が浮き彫りになりました。

ニオイが出ていると思う部位

職場の身だしなみで「どうにかしてほしいこと上下画像共、出典:2013年6月 体臭に不満のある35~49歳の男性 (14,863名) 全国[マンダム調べ]

“デキる男”は、少しくらい忙しくても、ニオイを感じさせないもの。自分は関係ないと思わず、臭いの原因を知り、対処法を知っておきましょう。

これからご紹介するのは、『ミドル脂臭を抑えるシャンプー&ヘアケア術』です。ミドル脂臭対策になるだけでなく、薄毛対策にも効果的な方法です。ぜひ、ご参考にして女子から好かれる清潔感あふれる「出世男」になってください。

肌から「ヤバイ臭い」がしたら気づかぬうちに「スメハラ」に

「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」など、数多くのハラスメントがありますが、「スメハラ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?スメハラとは「スメルハラスメント」の略で、ニオイによって他人に不快感を与えることをいいます。

スメルハラスメントとは、臭いを原因として、周囲に不快な思いをさせる行為を指す。「ハラスメント」の一種ではあるものの、意図的な場合だけでなく、当人が気づかぬまま意図せず周囲に迷惑をかけている場合も多い。

通勤のバスや電車、会社のエレベーター内で、前に立った人から不快なニオイを感じたと、いう経験を持つ女性は多いもの。

ヒトの嗅覚は、五感の中でも特に敏感です。食物の状態を判断するために発達したと考えられていて、この食物は食べることが出来るかどうか、いち早く危険を察知するためでもあるからです。

40代男性の7割が、自身の体臭に対して不満をもち、気にしていることがわかりました。当然、女性は匂いに敏感なので、相当の不満、不快を抱いているはずです。

男性同士では気にならないレベルのニオイであっても、女性にとっては耐え難いニオイだったりします。女性は、妊娠という他人の命を体内で育てる機能を持ったり、危険なものをいち早く察知する必要があります。ですから、男性よりもニオイに敏感と考えられます。

悪臭を発しているせいで、人間関係が上手く築けなくなることもあります。

たとえば、悪臭を発している人へ業務報告しなければいけない時。ニオイから逃げられない状況は、悲しさと同時に、頭がクラクラしたり、目がチカチカしてきます。身の危険を感じているのです。なので、できるだけ早く話を切り上げ、ニオイから解放されたいと思います。

女性を対象にしたあるアンケートで、

「仕事の効率アップという面で、ニオイはどの程度重要と考えるか?」という質問に対し、「特に影響はない」と回答したのはわずか1.4%で、98.6%の女性が「影響ある」と回答しています。

ニオイは仕事の効率に影響するのか?参考:日経ウーマンオンライン調べ

悪臭のために、仕事に集中できなくなっているのです。働く女性が増えました。周囲のためにも、ニオイ対策は一日でも早い方がよいのです。といっても、香水やタバコの二オイを気にすれば大丈夫というわけではありません。身体から発生する二オイは、多種類に渡ります。

口臭や、汗臭いニオイをはじめ、中年以降に発生する「加齢臭」は有名です。「加齢臭」は、首や耳の後ろなどからニオイ、男女ともに発生しますが、男性の方が強いニオイがするため「オヤジ臭」ともいいます。

頭部付近から発生するミドル脂臭

そして、最近注目されているのが、頭部付近から発生する「ミドル脂臭」。30代~40代男性を中心に多く、「加齢臭」とは異なる成分が原因です。

匂いは年代別により種類、発生物質が変わっていく出典:日刊SPA!

ニオイの種類によっては、清潔にすれば必ず消えるわけではありません。生活習慣を見直すことは、清潔を保つここと同じくらい大切です。

焼肉屋などでニンニクをたくさん食べた時、ニンニクのニオイを発していても、それを感じないという経験はないでしようか?しかし、周りの人はニンニクくさいと言ってきます。

ニオイは長い時間嗅ぎ続けると、慣れてしまうのです。慣れてしまうということは、もし、自分から悪臭を発していても気づくことができないということです。

また、他人の家にお邪魔すると、ペットのニオイが気になるという事はないでしょうか?しかし、住んでいる本人は、そのニオイに慣れてしまったために、気にならなくなっています。

「もしかしたらニオイを発しているかも」という不安を解消するために、香水や強い柔軟剤の香理を使って、悪臭を隠せばよいと考えるかもしれません。しかし、ちょっと待ってください。デパートの化粧品売り場を通りすぎた時、苦痛を感じたことありませんか?強いニオイのブレンドは、不快になるのです。

また、隠すためにはたくさんつけなければいけません。強すぎる香りはマナー違反になってしまいます。ですから、ニオイは隠すのではなく、ニオイの原因を知り、発生させないように正しくケアすることが重要なのです。

「ミドル脂臭」を予防・改善!シャンプー&ドライテクニックで髪も元気に

肌には皮脂腺があり、そこから皮脂を分泌させることで、肌のうるおいを保っています。30歳くらいからは、その皮脂が酸化すると、その一部が「ペラルゴン酸」「ジアセチル」という物質となり、強烈なニオイを発するようになります。「ミドル脂臭」で最も問題になる部位は、「頭皮」とその周辺「耳の後ろ」「首筋」です。

30歳くらいから皮脂が酸化する出典:日経トレンディネット

ここでは、頭皮の余分な皮脂を落として「ミドル脂臭」を抑える「シャンプー&ブローのテクニック」を中心ご説明していきましょう

正しい洗い方でいつも清潔へアに

頭と髪の洗い方

髪を洗うときは、頭頂部にいきなりシャンプーをかけるなどもってのほか。ぬるま湯で十分頭皮をやわらかくしてから、マッサージをするように洗うことが重要です。

シャンプー前の「予洗い」が大事!

髪を洗うときは、最初にぬるま湯でゆるめるのがポイント。まず、大きなごみやホコリを流すことで泡だちも格段によくなります。毛穴を開き、頭皮をやわらかくして洗う準備をしましょう。

脱毛リスクの低い後頭部からスタート

シャンプーをぬるま湯でなじませたら、まずは後頭部から側頭部にかけて伸ばして洗い始めます。

後頭部から側頭部にかけて伸ばして洗い始めます

側頭部は爪を立てず指を立てて

指を大きく、くしのように開く。爪は立てないようにすること。髪とともに頭皮のマッサージも行います。

側頭部は爪は立てないように髪とともに頭皮のマッサージを行います

 

指で前頭部を揺らすように

だいぶ泡がたってきて、ついガシガシと洗いたくなりますが、指の腹で頭皮を揺らすように優しく。

指で前頭部を揺らすように指の腹で頭皮を揺らすように優しくマッサージをします

すすぎでシャンプーをしっかり落とす

前頭部も頭頂部と同じように優しく。すすぎは必ず流水でしっかりシャンプーの泡と汚れを落とします。

シャンプーは手になじませてから

原液は刺激が強いので、いきなり脱毛しやすい頭頂部につけるのはNG。手にとって湯になじませてから脱毛リスクの少ない後頭部から側頭部、頭頂離前頭部と洗っていきましょう。

髪を洗うときには一緒に頭皮もマッサージ

マッサージすると頭皮のコリが取れ、血の巡りが良くなって、顔や肌の調子まで改善。むくみをスッキリ取れ「小顔効果」になります。

髪を洗うときには一緒に頭皮もマッサージすると頭皮のコリが取れ、血の巡りが良くなります以上、出典:ライブドアニュース

頭皮と髪の潤いを守る

シャンプーや紫外線の刺激で奪われた潤いを補うことは、髪の健康のためにも欠かせません。頭皮もしっかりと保湿する習慣を身につけましょう。

頭や髪はとても乾燥しやすいので、抜け毛防止にも保温は大切です。実は、頭皮や髪はとても乾燥しやすい場所。そういうわけで洗い過ぎはNG。よほどきついスクイリング剤を使っていない限り、シャンプーを2回もする必要はありません。

抜け毛防止にも大切 頭と髪の保湿

乾燥しやすいということは、保湿が必要になってきます。男性は髪が短いから不要かと思うかもしれませんが、そんなことはありません。これは、脱脂力の強いシャンプーを使ったり、髪が短いため紫外線を直接浴びることにもなるため。紫外線を浴びれば頭皮は乾燥しがちになってパサつく原因に・・・。切れ毛、抜け毛を防ぐためにも、髪の保湿は必要なのです。

頭皮は紫外線を浴びれば乾燥しがちになってパサつきます。切れ毛、抜け毛を防ぐためにも髪の保湿は必要です出典:トータビューティー ハピネス

シャンプー後のケアには何を使うのか一番いい?

ドラッグストアの棚に並ぶさまざまな頭髪用のコスメ。それぞれの違いを知って、有効なものを選ぶようにしましょう。

リンス・コンディショナー・トリートメント

リンス、コンディショナー、トリートメントの違いは何でしょうか?

リンス

おおまかにいうと「リンス」はすすぐためのもの。石けんシャンプーはアルカリ性。それに対して皮膚は弱酸性なので、中和するために酢など酸性のものを使います。

コンディショナー・トリートメント

最近のシャンプーは中性か弱酸性なのでpHを調整する必要はありません。そこで保湿などの機能をもたせたのが「コンディショナー」で、トラブルなどのスペシャルケアをするのが「トリートメント」。それぞれ目的や役割は異なります。

シャンプーとphの関係図出典:Milk’s memo note

ドライヤーを正しく使って頭皮と髪に優しいケアを

髪を洗った後、濡れたままで放置するのはNG。男性でもドライヤーで乾かすことが必要です。濡れたままの髪はとてもデリケートなので、上手な乾かし方で髪と頭皮にダメージを与えないようにしましょう。

1.タオルドライ

ドライヤーの前にまずはタオルドライをいましょう。このとき絶対にこすってはいけません。髪の毛は摩擦擦にとても弱くゴシゴシこすると傷ついてしまいます。

2.ドライヤーは髪から15~20cmくらい離すようにあてる

最初は強めの風量で全体をさっと乾かし、あらかた乾いたら風量を弱めにして、じっくりと乾かします。

ドライヤーは髪から15~20cmくらい離し、全体をさっと乾かし、後に風量を弱めにしてゆっくりと乾かします出典:ライブドアニュース

3.温風を根元まで当てて乾かし 7~8割くらい乾いたらストップ

弱めの温風が根元まで当たるように、手をくしのようにして髪を少し持ち上げるとやりやすいです。ていねいに行いましょう。

4.仕上げは冷風でクールダウン カラカラにならない程度に

スタイリングしやすいように熱で流れを作ったら、冷風に切り替えます。これによって、クールダウンもでき、形も決まります。

※男性の場合、ドライヤーはブローよりも乾かすことが主な目的。根元まできちんと風が当たるようにするのがコツです。とはいえ、完全にカラカ一フにならないよう、7割程度でフィニッシュしましょう。

洗髪後の「生乾き」は悪臭の原因に!

頭は汗腺が多く、とてもたくさんの汗をかく場所。しかし髪の毛があるため、かいた汗を顔や体のようにサッと拭き取ることができません。だからこそ、1日1回は必ず髪を洗って清潔にしておく必要があります。

夜にしっかりシャンプーをしていれば、翌朝はしなくてもOK。朝シャワーを浴びるとしても、湯で流すだけで十分です。これは、夜も朝もきっちりシャンプーをすると、どうしても頭皮が乾燥してしまうため。頭皮のバリア機能が壊れると、雑菌などが入ってきて吹き出物の原因になることも。

また乾燥することによってもフケも出やすくなるので、洗い過ぎても良くないことを知っておいてください。

夜にシャンプーをしていれば、朝シャワーを浴びなくとも湯で流すだけで十分です出典:きめやか.blog

身体の疲れを取り除く

立ったり座ったり、歩いたりなど体を動かしていると、人間の体内には疲労物湿である乳酸かたまってきます。乳酸が増えてくると、汗の中にいやな臭いのもとになるアンモニア成分が増え、汗の臭いが強くなります。ですから体臭を軽滅するには、体内の乳酸をできるだけ減らせばよいのです。

体臭を軽滅するには、体内の乳酸を減らすようにしましょう出典:茨城県メディカルセンター

夜にゆっくりとお湯につかると血液の循環がよくなり乳酸は減少します。さらに、入浴したあとにすぐ寝れば、朝まで乳酸が減った状態のままでいられます出典:からきゅれ

 

ゆっくりつかる夜風呂で疲労回復&体臭予防

乳酸を減らす一番簡単な方法が毎日の入浴です。時間をかけてゆっくりとお湯につかると血液の循環がよくなり、乳酸は減少します。しかも夜、入浴したあとにすぐ寝れば、乳酸が減った状態のまま朝を迎えることができます。

同じ入浴でも、朝、急いで入ると体内にたまった乳酸を十分に減らすことができません。しかも入浴後すぐ活動を開始することになるので、体内でさらに乳酸が増え、体臭は強くなっていくでしょう。体臭を少しでも減らすには朝風呂やシャワーではなく、夜ゆっくりとお湯につかる入浴を心がけましょう。

さらにやっておきたい「ミドル脂臭」対策ポイント

耳の後ろと首も忘れずに洗う

とくに耳の後ろは、洗うのを忘れてしまう男性がいます。石けんを使って耳の後ろや首筋を意識的に洗うというだけで、「ミドル脂臭」対策はできるのです。朝起きた時にも、洗顔をする際に耳の後ろまで洗っておくとさらに効果的です。

枕カバーを毎日交換する

枕カバーを1週間以上洗っていないなんてことありませんか?枕に浸み込んだニオイを体に戻してしまってはいけません。枕カバーをこまめに変えることも重要です。

とはいえ、毎日枕をカバーに入れる作業は面倒ですし、毎日のように洗濯機を回す家庭も少ないです。なので、枕の上にタオルを敷き、そのタオルを毎日清潔なものに変えるようにしましょう。吸水性もよいので、大変おすすめです。

活性酸素をおさえる食生活

「活性酸素」が増えると鉄が錆びていくように、ヒトも老化します。それは、ニオイの老化にも影響を及ぼします。活性酸素が増える生活は、脂肪酸の酸化が進んでしまい、「ミドル脂臭」を発生しやすくなります。

酸化を食い止めるために、抗酸化作用の高い食材を積極的に摂るよう心がけましょう。抗酸化作用のある食材は「ビタミンA(β-カロテン)」「ビタミンC」「ビタミンE」などがあります。

  • ビタミンA:レバー、うなぎ、トマト、にんじん
  • ビタミンC:ブロッコリー、ほうれん草、みかん、ジャガイモ、緑茶
  • ビタミンE:ナッツ類、卵、牛乳

などに豊富に含まれています。

抗酸化作用の高い食材出典:環境再生保全機構

まとめ

これまでご紹介した、「シャンプー&ヘアケア術」は薄毛予防にも効果的です。まだまだ、それほど毛量まで気にならないという人も、実践してソンはありません。頭皮からのニオイを断ち、“老け感”のない魅力あるモテル大人の男になりましょう!

きっと、清潔感あふれる“いい男”になれば仕事もデキるようになり、男性からも女性からも好かれて当たり前になるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはこちら

*