201703/13

内臓脂肪を減らす為の吸収率500倍のスマート乳酸菌の劇的な力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タンナーゼをつくるするスマート乳酸菌は生きたまま腸に届いて、食事から摂取されたポリフェノールを分解し吸収を促進し、吸収率の差は最大で500倍と報告されています。このスマート乳酸菌で内臓脂肪を減らし、筋肉を鍛えた体です

私たちのおなかの中に棲む腸内細菌は数100兆個を超え、その重さは1~2kgにも達するといわれています。善玉菌も悪玉菌もそれぞれが自分のなわばりを持っていて、普段はうまくバランスがとれているものです。しかし、いったん細菌たちの生態系が崩れてしまうと病気やアレルギーなど健康リスクの原因となることがありますが、メタボリックシンドロームもそのひとつです。

代謝物質は、からだにとって必要な栄養素として利用されています

リバウンドしちゃうからダィエットはしないのである出典:curassy.com

腸内細菌は人間が消化できない食物繊維やオリゴ糖などを栄養素としていますが、代謝によって細菌たちが作りだすビタミンや短鎖脂肪酸などの代謝物質は、私たちのからだにとって必要な栄養素として利用されています。また、私たちヒトの全身の免疫のうち、およそ70%は腸管内にあり、免疫活動についても腸内細菌のバランスが深くかかわっています。

ひとりが太っている一卵性双生児の腸内細菌を比較したところ、肥満のほうではフィルミクテス(ファーミキューテス)に属する最近が多く、バクテロイデスという細菌の比率が低下していた、とする報告があります。また、腸内細菌叢を持たないマウスと通常の細菌叢を持つマウスとの比較では、細菌叢を持つマウスのほうが体脂肪が多かったとする報告もあります。

参考:スマート菌 120粒 

スマート菌 120粒

スベルティ [SVELTY] 公式サイトの「スマート菌」ページです。谷川りさこさんをイメージキャラクターにしたCMで話題の全く新しい菌に着目したサプリメントです。

出典:アマゾン

参考:スマートガネデン乳酸菌

株式会社モアプラスネット スマートガネデン乳酸菌 30包入り

食べるの大好き!でもキレイでいたい人はこれ!美人通販のスマートガネデン乳酸菌。

出典:アマゾン

参考:ポーラ スマート乳酸菌

ポーラ スマート乳酸菌 すっきりゼリー ファイントリート 毎日食べて乳酸菌補給を続けるのが健康美の秘訣です。また、春先のむずむずシーズンに注目の「甜茶」と「シソ」の成分、国産のメカブに限定して成分を抽出した。天然のヌメリ成分「フコイダン」も配合しました。

出典:アマゾン

 腸内細菌の乱れでダイエット失敗になる

このことから、腸内細菌叢はヒトが食物から得られるエネルギーの量に関係しているほか、炎症物質の分泌にも関係しており、肥満や糖尿病の発症に深くかかわっていると考えられます。いろんなダイエットに挑戦したけれど、どれも挫折してしまい、自分はやせにくい体質だとお思いのあなた、実は腸内細菌叢が乱れているのかもしれません。

腸内細菌叢を正常化するためにヨーグルトなどで乳酸菌やオリゴ糖を摂るのも有効です

腸内細菌叢を正常化するために気をつけなければいけないのは、まず第一に毎日の食事です。高カロリー、高脂肪食は悪玉菌を勢いづかせて悪臭のもととなる硫化水素やインドール、スカトールなどの腐敗物質が発生する原因となります。動物性脂肪はほどほどに、食物繊維の豊富な食事を取ることが望ましいのですが、サプリメントやヨーグルトなどで乳酸菌やオリゴ糖を摂るのも有効です。さらに、最近の研究で健康に有用な機能性成分であるポリフェノールと腸内細菌の意外な関係が解明されてきました。

2017年、お腹をへこます

強い抗酸化力を持っポリフェノール

ポリフェノールは多くの植物が光合成によって作りだす色素成分で、非常に強い抗酸化力を持つのが特長です。植物は日光がないと光合成ができないため、常に太陽光を求めていますが、太陽光には有害な紫外線も含まれています。紫外線は波長の長さによってUVC、UVB、UVCの三種類に分類されます。

このうち、もっとも波長の短いUVCはオゾン層に吸収されてしまうので地表には届きません。UVBは私たちの皮膚の表面に作用して日焼けを起こしますが、日焼けによって作られるメラニンによってさえぎられ、皮膚の奥へは到達しません。もっとも波長の長いUVAは皮膚の奥、真皮に到達してシミやシワの原因となります。これら紫外線はいずれも細胞や組織を通過する際に大量の活性酸素を発生させ、細胞を傷害します。人間は日陰に移動したり、衣服などで紫外線をさえぎることができますが、植物は自らの意思で紫外線を避けることはできません。反面、光合成をして生命をつなぐためには太陽光を浴びなければなりません。

抗酸化物質ポリフェノールの強力な役割

そこで有害な紫外線から細胞を守るために植物が作り出すのが、強力な抗酸化物質ポリフェノールなのです。紫外線によって作られた活性酸素は反応スピードがとても速く、次から次へと細胞を酸化させていきます。この酸化の連鎖を還元作用によって断ち切るのがポリフェノールの役割です。

強力な抗酸化物質ポリフェノール、特に赤ワインのポリフェノールによる効果は期待できるといわれています

ポリフェノールは古くから染料や香料として利用されてきましたが、近年はその抗酸化力がヒトの健康にも有用であるとして、さまざまな研究がされています。もっとも有名なのが赤ワインのポリフェノールによる「フレンチパラドックス」でしょう。フランス料理はチーズやバターをたっぷり使い、肉やフォアグラなどの動物性脂肪もたくさん摂るのに、フランス人の心臓病による死亡率が低いのは赤ワインのポリフェノールによる効果だ、とするものです。

イソフラボンは、発酵や腸内細菌によって分解され作用する

ポリフェノールは赤ワインのほか、カカオ豆を使用したチョコレートやコーヒーにも多く含まれていますが、日本人になじみの深いポリフェノールといえば緑茶に含まれるカテキンと大豆食品に含まれるイソフラボンでしょう。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンによく似た分子構造をしており、ポリフェノールとして働く以外に女性ホルモン様作用を示すことで知られていますが、近年の研究で大豆イソフラボンがそのまま作用するのではなく、発酵や腸内細菌によって分解されてはじめて作用することがわかってきました。

通常、食品に含まれるイソフラボンは、本来の分子体に糖結合した「配糖体」として含まれていますが、そのままでは吸収されないため、糖がはずれたアグリコン型にしなければなりません。大豆食品では、豆腐よりも大豆を発酵させたみそやしょうゆに、配糖体は多く含まれていますが、これは発酵の過程で酵母がイソフラボンを分解してアグリコン型に変換するからです。

イゼインは腸内細菌によりストロゲン作用が強力なエクオールに代謝される

大豆がからだによい理由は、エストロゲン作用が強力なエクオールに代謝されるからです。国別の人の体の腸内細菌叢の違いにより生産能力には個人差があります出典:エクオールと女性の健康

さらに、アグリコン型イソフラボンであるダイゼインは腸内細菌によって、さらにエストロゲン作用が強力な「エクオール」に代謝されるのです。エクオールを産生する腸内細菌は特定されていませんが、腸内細菌叢の違いによって生産能力には個人差があり、欧米人の6~7割がエクオールをうまく作れないとする報告があります。

大豆食品を食べる日本人でも、おおよそ半数はエクオールが作れない

欧米に比べて大豆食品をよく食べる日本人でも、おおよそ半数はエクオールがうまく作れないとされていますが、大豆食品を食べる機会の少ない若い世代のエクオール産生能は欧米並みともいわれています。特に、女性ホルモンが減少する中年期以降ではエストロゲンの減少による骨粗しょう症や更年期症状が多く見られます。若いうちから大豆食品に親しんで、おなかの中のエクオール産生菌を増やしておくことが大切です。

カテキンはフラボノイド系フラバノール類に分類されます

腸内細菌が大豆イソフラボンの機能性をさらに高める例を挙げましたが、日本人になじみの深いもうひとつのポリフェノール、茶カテキンについても腸内細菌との関係が注目を集めています。カテキンは約5000種あるといわれるポリフェノールの中で、フラボノイド系フラバノール類に分類されます。

多くの種類のポリフェノールが主として植物界に広く分布しています

フラボノイドの基本構造と分類

フラボノール類とその配糖体出典:JFRL ポリフェノールについて

緑茶に含まれるカテキン類の抗酸化作用

緑茶の有効成分主に8種類あるカテキンの中で注目を集める「EGCg」は、劇的パワーが実証され始めています出典:カテキンの効果 | ピュア・グリーン株式会社 PURE GREEN Co.Ltd.

カテキン類にもいくつかの種類があり、紅茶やフルーツなどに多く含まれていますが、やはり私たちにとって一番なじみの深いのは緑茶でしょう。緑茶に含まれるカテキン類にはエピカテキン(EC)、エピガロカテキン(EGC)と、それぞれの結合体であるエピカテキンガレート(またはエピカテキンガラート/ECG)とエピガロカテキンガレート(またはエピガロカテキンガラート/EGCG)があり、ECGCがもっとも強力な抗酸化作用を持ちます。

茶カテキンの主要成分出典:Wikipedia

薬用として飲まれた常緑樹の葉

私たちが日常飲んでいる緑茶、紅茶、ウーロン茶などの茶葉は、すべて同じツバキ科の常緑樹の葉です。お茶の歴史は古代中国に伝わる天地創造神話にも登場するほど古く、紀元前2700年ごろには薬用の飲料として利用されていたと考えられています。日本には最澄や空海などの僧が留学から帰国する際に持ち帰ったとされます。

鎌倉時代にお茶を普及させたことから茶祖と呼ばれた栄西禅師が著した「喫茶養生記」には「茶は養生の仙薬、延齢の妙術」とあり、その効能は「身体衰弱、意気消沈の際に喫すれば気力が盛んとなる」「酒の酔いをさまし眠気を起こさない」「身を軽くし脚気をやわらげる」「精神を整え疲労を取り除く」等々、まさに万能薬として書かれています。

ポリフェノールの健康への役割

現代では、お茶の持つ健康作用の中心的な役割を果たしているのはポリフェノールであることが科学的に明らかにされています。中でもカテキン総量の半分を占め、最も強力な作用を持つEGCGは、お茶以外の植物からは発見されていません。そして、カテキンにはアレルギー緩和、骨粗鬆症予防、抗菌抗ウイルス効果、老化の抑制、肝臓の保護などさまざまな働きがあることが分かっています。

1989年、静岡県内のがん死亡率を比較検討した調査で、お茶の産地ではがんによる死亡率が低いことが報告され、お茶のがん予防について研究がスタートしました。中国人男性6万人を対象とした疫学調査では、お茶を週3回飲む人とまったく飲まない人では大腸がんのリスクが約半分に、胃がんや前立腺がんでもお茶には抑制効果が認められました。

茶カテキンのガレート部分がメチル化されたメチル化カテキンを多く含むよう品種改良された茶葉「べにふうき」や「べにほまれ」では、肥満細胞などから分泌される、かゆみを誘発する成分・ヒスタミンを抑えてアレルギー症状を緩和する効果が認められています。

腹部内臓脂肪への作用

花王㈱の研究によると、1日540mgの茶カテキンを12週間継続摂取したところ、腹部内臓脂肪が有意に低下したとしています。

茶カテキンの構造と体脂肪に対する効果出典:花王

食事から摂取した脂質は小腸から吸収されると血流に乗って全身に送られますが、身体の中では肝臓で多くの脂肪が分解を受け、エネルギーとして利用されています。肝臓での脂肪燃焼にはある種の酵素が必要なのですが、お茶から摂取された茶カテキンは肝臓に到達すると、この酵素の活性を通常の約3倍に高めることが報告されました。

さらに、鈴峯女子短期大学の女子大生を対象とした研究報告によれば、BMI、体脂肪量、体脂肪率が有意に減少、特に体幹部の体脂肪率が低下したとしています。

茶カテキン摂取による体脂肪低減効果

カテキン類摂取で体脂肪が低減されることが報告されている。しかし,これらの研究は中・壮年層で軽度肥満の者を被験者としているものがほとんどであり,若年層での研究はほとんど見当たらない。そこで,4週間に亘る高濃度茶カテキン飲料の摂取によって体脂肪低減効果が得られるかについて,研究の趣旨を説明して同意を得た健康な女子大学生を被験者として検討を試みた。その結果,BMI,体脂肪量および体脂肪率は有意に低下し,とくに体の部位別の体脂肪率では体幹部が有意に低下した。また,体年齢,ウエスト周囲径も有意に減少し,体重あたりの基礎代謝量は有意に上昇した。これらの結果から,とくに生活習慣病で問題となる腹部脂肪(内臓脂肪)が減少し,生活習慣病予防に対する効果が期待できると考えられた。
鈴峯女子短大研究集報. 自然科学篇

この鈴峯女子短期大学の研究報告の中で触れられているのが、隠れ肥満です。厚生労働省の国民健康・栄養調査によれば、若い世代の女性においては肥満者は減少傾向で、「ヤセ型」が増えている、としていますが、実はBMIが25 未満で「標準体型」に分類されるはずの人たちに、体脂肪率が30%を超える「隠れ肥満」が約3割みられた、という考察です。

このレポートの中で、肥満の問題点は体脂肪の絶対量や肥満度ではなく、脂肪がどこについているかが重要で、特にウエスト部分の脂肪が増加する内臓脂肪型肥満が問題である、としています。そこで、この研究ではウエスト/ヒップ比が指標として用いられ、4週間の茶カテキン摂取でウエストが有意に細くなった、としています。

カテキンの吸収を増やす

このように健康効果の高いカテキンですが、非常に吸収されにくい性質を持っています。実は食事から摂取したカテキンなどのポリフェノールの90%は吸収されない、とする報告があります。ただし、ポリフェノールは吸収されずに長時間、消化管内にとどまるため、そこでも健康効果を発揮すると考えられています。しかし、吸収されない10%をもっと増やすことができたら、さらなる健康効果が期待できるでしょう。

タンナーゼの効果

カテキンやコーヒーのクロロゲン酸などのポリフェノールは分子の一部が手をつないだ「エステル結合」していますが、このつないだ手を離してやればカテキンの吸収率は飛躍的に上がります。この働きをするのが「タンナーゼ」と呼ばれる酵素で、麹菌によって産生されたタンナーゼはペットボトルのお茶などに風味改良や白濁防止に使われています。

タンナーゼは、コーヒーに多く含まれるクロロゲン酸や緑茶に多く含まれるカテキンガレート分子内のデプシド結合を加水分解する酵素で、茶飲料の白濁防止や風味改善用途などに用いられます出典:三菱化学フーズ

ポリフェノールの効果を高めるスマート乳酸菌

広島県の製薬企業・丸善製薬㈱では、麹菌ではなく乳酸菌の中から、このタンナーゼを生産する種を発見し「スマート乳酸菌」と名づけました。タンナーゼを産生する微生物はいくつか知られていましたが、スマート乳酸菌発見の鍵となったのはコアラの腸内でした。コアラの主食であるユーカリの葉は消化吸収されにくいため、タンナーゼを産生する乳酸菌がコアラのお腹の中では働いているのです。

スマート乳酸菌の相乗効果

日本人も、野菜といえば根菜が主だった20年以上前は、ヒトのおなかにもタンナーゼ産生菌は多くみられたといいます。しかし、急速に欧米化された食の変化によりタンナーゼ産生菌は減少、健康維持のためにサプリメントなどからの摂取が推奨される状況です。

タンナーゼを産生するスマート乳酸菌は生きたまま腸に届き、食事から摂取されたポリフェノールを分解し吸収を促進します。丸善製薬のHPによれば、吸収率の差は最大で500倍としています。また、カテキンによる内臓脂肪低減効果もスマート乳酸菌との相乗効果でアップすることが確認されました。

スマート乳酸菌が、EGCgを腸内で吸収しやすいEGCに変換することでカテキンの吸収力が上がるという出典:丸善製薬㈱

もちろん、スマート乳酸菌にはポリフェノール分解効果だけではなく、善玉菌としてのプロバイオティクス効果もあり、カテキンと一緒に取ることでそのパワーは最大限となるでしょう。このスマート乳酸菌とカテキン、さらにはEC-12やビフィズス菌をはじめ1袋あたり1兆個の乳酸菌を配合したプレミアムスリムビオは、デブ菌とヤセ菌の関係に着目した新しいサプリメント。

まとめ

デブ菌とヤセ菌ののバランスをとった腸内フローラのバランスを正常にするプレミアムスリムビオは、プロバイオティクス、プレバイオティクスの2つのアプローチに着目した画期的な脂肪燃焼パワーを増強する商品です。

さらにラクトフェリンを加えて、これまで何度もダイエットに失敗したあなたにも変化をもたらしてくれること間違いなし。さあ、今日から始めるヤセ菌生活!プレミアムスリムビオで腸を整え、人生を変えよう!

※この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も合わせて読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはこちら

*