201510/20

肌に優しい化粧水なのに肌荒れ!敏感肌化粧水の選び方と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
肌の荒れに悩む女性

「健常な肌にあって敏感肌に決定的に足りないもの」
アナタは何だと思いますか?肌の丈夫さ?確かに、それもあります。その丈夫さを作っているもの、それは「保湿力」なのです。

「肌のバリア機能」という言葉を、1度は見聞きしたことがあるかと思いますが、これは肌の表面の角質層が持つ機能のことを言います。

  • 体内の水分の蒸発を防ぎ、乾燥肌にならないようにする保湿機能
  • アレルゲンなどの外部刺激が、体内に入り込むのを防ぐバリア機能

角質層は、角質細胞がレンガを積み上げたように並んでいます。そして細胞問脂質がレンガを埋めるセメントの役割をしています。この角質層の善し悪しが、肌の状態となってあらわれます。

敏感肌の人は、このレンガが割れたり、セメントがむき出しになって、肌のバリア機能が低下しています。また、加齢とともに、レンガを埋めるセメント(細胞間脂質)がやせ細っていきます。ここを、いかにダメージを減らし回復させるかが、美肌のカギとなってくるのです。

肌が荒れると、このレンガの上から漆喰を塗るように、クリームをたっぷり塗るという人も多いと思いますが、それでは肌の修復力を上げることはなりません。まずは、肌内部に水分をたっぷり与えることが先決。この保湿によって、肌内部の細胞が活性化し、レンガやセメント部分が質が向上してくるのです。

※バリア機能の低い肌とバリア機能の高い肌

バリア機能の低い肌とバリア機能の高い肌出典:花王

しかし、ただ“保湿”をするといっても、やみくもに肌に化粧水を塗りたくってもあまり効果がありません。そこで、『敏感肌のための保湿テクニック』をまとめました。もちろん、敏感肌以外にも使えるテクニックばかりなので、敏感肌を卒業した後も続けられます。ぜひ、ご参考ください。

敏感肌ケアの基本は保湿から

どうして敏感肌になるの?

敏感肌は、紫外線や化粧品などの外的刊激によってかぶれや肌荒れなどを起こしてしまう肌。角質層で水分が不足したり、皮脂分泌が正常に行われていないと、肌のバリア機能が低下して、色々な刺激に対して肌が過敏に反応してしまいます。

気候や生活習慣の変化、食生活や睡眠、ストレスや生活習慣……。肌に影響を与える要因をあげるとキリがありませんが。多少の変化には対応できる、少々のストレスや睡眠不足にもへこたれない肌作りが敏感肌改善の大きなポイントとなります。

まずは、洗顔をしつかり見直して、肌のバリア機能のアップを図りましょう。洗顔時に落としすぎていると、その後のスキンケアで何を使っても、しみたり赤くはったりしてしまいます。

何を使ってもしみる・かゆみがある・・・

洗顔を見直しても、しみてしまう……。そんな時は、油分やワセリンなどのワックスしか使えなくなってしまいます。仕方ないのですが、それではずっと保湿されない肌になってしまいます。油分に頼るケアは一時しのぎと決めて、少しずつ保湿成分を入れるケアをしましょう。

ここで気を付けたいのは、例えばビタミンC誘導体などは、美白成分として肌に取り入れたい成分ですが、浸透過程で刺激となる成分もあること。肌荒れしている時は、まずは保湿重視の守りのケアをし、十分に肌が潤ってバリア機能が回復してきたら、美白成分なども使えるようになるので、焦らないでOKです。

保湿で大切なこと

良質な保湿成分を肌の奥まで浸透させるために

とにかく保湿が美肌の基本!

保湿というのは、よく「水をたっぷり含ませる」とか、「油分で水分が蒸発しないようにガードする」という意味にイメージをされがちですが、そうではありません。「保湿成分を肌にしっかり入れ込むこと」こそが、保湿の本質なのです。

  • 保湿成分には色々あって、肌が本来持っている天然潤い成分:アミノ酸、ヒアルロン酸など
  • 細胞間脂質(セラミド)を埋めて水分を逃がさない成分:セラミド、コラーゲン、エラスチンなど

などがあります。それらがバランスよく配合された化粧品をたっぷり使って、しつかり保湿してあげましょう。

真皮の構造図出典:Dr.komakoのおんなのよろず診療所

また、「私は触感肌だから天然成分を」と考える人も多いのですが、天然だから肌に優しいとは限りません。植物の成分は天然ですが、肌に刺激を与える成分もとても多いです。天然にこだわるのではなく、自分の肌にとって優しいものを選びましょう。

化粧水は激安コスメを贅沢使いするのが正解?

「化粧水は高級なものをケチって使うよりも、安物でもガンガン使った方が良い」。スキンケアの情報で、こういったことを見聞きした人も多いでしょう。では、これは正解なのでしょうか?

答えは(半分)不正解。

ローションの成分は、水と保湿成分(ヒアルロン酸など)。効き目のある良質な保湿成分が入ってないものを、どれだけたっぷり使っても全く意味がありません。水で顔を濡らしても保湿されるワケではないからです。

実は、超激安コスメの化粧水の多くは、単に美容成分が薄いのではなく、効き目のある良質な保湿成分が、そもそも入ってなかったりします。もちろん、安いからと言って、全てがそうというワケではありません。ただ、高級なものをケチって使っても、その化粧水の効果は期待できないということについては正解です。

効き目のある良質な保湿成分が入ったものを、きちんと肌内部に届くまでの量を使ってこそ、そのローションの最大限の効果が得られるのです。

十分な保湿に必要な量とは?

よく化粧品の説明書きには、〇プッシュとか、パール〇個分というふうに使用量の目安が書いてありますが、これはあくまで目安であって、肌内部に届くまでの量は個人差があり、全く違います。

肌内部まで、できる限りたっぷり届かせるには、何度か手に取り肌全体を潤わせ、ゆっくり時間をかけて浸透させる必要があります。目安は肌が「もういらない」と言うまで。つまり、化粧水であれば、肌表面に浸透せずに残るまで。化粧品が肌に浸透するには時間がかかります。何度も、時間をかけてというところがコツです。

蒸らし効果で浸透率アップ!

肌のバリア機能は、外部の刺激から守る働きをしますが、悪い物だけでなく、肌に良い物であっても、異物と判断しはねのけてしまいます、化粧品の成分は、塗っただけでは浸透しづらく、そのため、ナノテク技術が進化し、ナノ化成分でかなり浸透率はアップしました。しかし、もっと浸透率を上げるためにできることがあります。それは“密封”すること。

一番効果的な方法は、肌に化粧品を塗って上からラップで覆うことです。肌を温めて密閉することで角質が膨らみ、一時的にバリア機能が低下し、浸透率が上がるのです。ラップの上から蒸しタオルなどで温めるとさらに効果的。市販のローションパックも同じ原理なので、この方法だと余分なコストはゼロ。ぜひ週に1度でも取り入れてくださいね。

ラップで肌を覆う

そして毎日のケアでは、化粧品をつけた後、必ず手のひらの体温で温めるようにして蒸らすこと。ほんの少しの工夫でも、毎日朝晩のことですから、結果は大きく違ってくるハズです

手のひらで肌を温める

ウォータースプレーは逆効果!

昔から人気のウォータースプレー。一時はCA (キャビンアテンダント)の必須アイテムとも言われて、ウォータースプレーをみんなバッグに忍ばせていました。使用感はひんやりと気持ち良いのですが、ウォータースプレーによって肌の水分を蒸発させてしまうことに・・・。

どんなに素晴らしい水だったとしても、水は水。洗濯物がどんどん乾くように、肌の上の水分はどんどん乾いていって、乾かなくていい分の水分まで乾いていくのです。

ホントかな?と思った人は、顔半分で試してみてください。夏や冬のエアコンがきいたオフィスなどで、顔右半分だけスプレーしてみると。潤ったと感じたのはその瞬間だけ。その後、どんどん乾いていって、結果的に何もしなかった左半分の方が乾燥していないハズです。

ローションスプレーでメイクのりもアップ!

日中や出先で、乾燥防止のためにスプレーするなら、必ず保湿成分の入った“ローションスプレー”にしましょう。

ローションスプレーの便利な使い方

朝、メイク前にメイクのりアップの簡単水分補給パックとして使います。

  1. メイクの前に、ティッシュを顔にかぶせる。
  2. ティッシュの上から全体が潤うまでスプレーする。
  3. 2分ほどそのままパック。
  4. スポンジで地ならしをしたら、メイクのりのりの土台肌の完成!

参考:MIGAKI PLローションプラス

MIGAKI PLローションプラス 500ml (化粧水)出典:Amazon

エステ仕様の大容量化粧水! プラセンタ・EGF・ビタミンA配合のしっとりした使用感です。プラセンタの中でもこだわりのSPFプラセンタを使用しています。しっとりした感触で角質層の奥まで浸透し、うるおいとハリのあるすこやかなお肌に導きます。

美容効果を100%出す化粧品の使い方

敏感肌に限らず、「美容成分がたっぷりの化粧品を使っているのに、全然キレイにならない・・・、本当に効いているの?」という人は多いようです。化粧品のテクノロジーは、日進月歩で進化していますが、ただそれだけに任せてもキレイにはなれません。実は、同じ化粧品を使っても、「効果が30%の使い方」と「効果を100%出す使い方」、があるのです。

効果30%の使い方

  • 油分の多いクレンジングを使っている
  • 油分がジャマをして成分がしっかり浸透しません。「全然美白も保湿も効かない」という人ほどオイルやミルククレンジングを使っている傾向があります。
  • つける順序を間違えている

油分が多いクリームの後に美容液を塗っていませんか?

塗りっぱなし

面倒だからと、スキンケアはササッと塗って終わらせていませんか?いい加減に塗っていては、せっかくの効果も出てくれません。

効果100%の使い方

  • 洗顔では油分を使わない
    できるかぎり、毛穴に詰まりやすい油分が入っていないクレンジング・洗顔を使いましょう。美容成分がしっかり浸透します。
  • 最初に美容液を使う
    一般的に、洗顔後は化粧水を使うのがセオリーとなっていますが、奥に入れたい順に化粧品は使ってみましょう。美白成分などは、肌の奥まで浸透させて効かせたい成分なので、洗顔の直後の肌に浸透させます。順番は、『美容液⇒化粧水⇒乳液⇒クリーム』。(敏感肌の症状が重いときは、美容液は保湿系にするか、使用をお休みしてください。)
  • しっかり浸透させる
    顔全体に伸ばしたら、手のひらで顔を覆い温めます。温めることによって浸透率が4倍にもアップすることも!ラップなどをかぶせ湿度も保つことで、さらに浸透率は上がります。毎回、塗りっぱなしではもったいない!1つ1つの化粧品を丁寧に浸透させて、効果をしっかり出しましょう。

敏感肌ケアの死角とは?

その肌荒れ ヘアケアアイテムが原因かも?

敏感肌の人は、「肌に優しいものを使っているのに、肌荒れしてしまう」というケースも。意外と多いようです。これは、使っている化粧品ではなく、髪を洗う時に、シャンプーやリンスが顔についてしまった、へアスタイリング剤のついた髪が顔に当たっている・・・など、髪に使っているヘアケアアイテムが影響している可能性が大。スキンケアやメイクを気遣っているのに肌荒れを起こしてしまう人は、髪に使うものも見直してみましょう。

肌に触れるものにも要注意!

肌が敏感になっている時は、肌に直接触れるタオルやベッドリネンにも注意しましょう。洗顔後に顔を拭くタオルは、シルクやガーゼ素材などの柔らかいものに。また、寝ている間に頬に触れる枕カバーも、できれば毎日清潔なものに取り替えてください。

まとめ

敏感肌によって起こる肌トラブルは、疾患に入るものがありますが、敏感肌そのものは重大な病気ではありません。また、敏感肌は持って生まれた体質のものでもありません。敏感肌になるのに食生活やストレス、洗顔のしすぎなど原因は様々ありますが、それらの原因を見直すと同時に、保湿に力を入れていけば、丈夫な肌を取り戻すことも不可能ではありません。諦めず、自分の肌と付き合っていきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはこちら

*