201508/27

トラブル要注意!月経不順の原因、症状とケア方法のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
月経不順で悩む女性

月経不順は、生理のある女性のほとんど1度は経験したことがあるもの。月経不順は、見過ごしていると子宮・卵巣機能の低下し、結果的に老化を早めてしまうことになります。

また、明らかな月経不順を自覚していなくても、油断は大敵。毎月、月経があっても無排卵だと、同じように子宮・卵巣に悪影響が・・・。

これから妊娠を望む人はもちろん、望んでいない人も、キレイでいるためには、正常な月経に戻すことが必要なのです。そこで、これから「月経不順の症状とケア方法」ついてご紹介します。ぜひ、回復・改善のヒントにしてくださいね。

月経周期・日数・出血量のトラブル

正常な月経周期は25~38日

月経がスタートした日を1日目として、次の月経が始まる前日までの期間を“月経周期”といいます。

月経がいつも規則正しく起こり、次の月経日を予測できる人もいれば、きたりこなかったりと不規則で、いつ次の月経が始まるのか分からない人もいます。またちょっとした生活リズムの乱れによって、それまで規則的だった人が、急に不規則になることも珍しくありません。

本来、健康な女性の月経は、規則正しいリズムでやってくるもの。正常な月経周期は25~38日とされています。月経と月経の間が2か月もあいてしまったり、1ヶ月に数回も月経になるというのは、どこかにトラブルが潜んでいる可能性も。ただし、卵巣がまだ未成熟な思春期と、卵巣機能が低下してくる更年期の月経不順は、年齢的なものなのであまり心配はないでしょう。

月経周期が短い「頻発月経」と月経周期が長い「稀発月経」

月経周期が短く、24日以内で次の月経が起こる状態を「頻発月経」といいます。逆に、月経周期が長く39日以上もあいてしまう場合を「稀発月経」といいます。

頻発月経の1つの原因としては、卵巣機能の低下によって起こる黄体ホルモン(プロゲステロン)の減少が”孝ぇられます。また稀発月経は、脳の視床下部がストレスやダイエットなどの影響を受け、本来卵巣に女性ホルモンを分泌させるように指令を出さなくてはならないのに、それができなくなって起きている可能性があります。

無排卵に要注意

頻発月経も稀発月経も、排卵はちゃんとしているケースと、無排卵になっているケースがあります。排卵が起きていれば、多少の月経周期のズレは問題ありませんが、無排卵の場合は放っておくと不妊などのトラブルを招くので注意しましょう。

月経期間や出血量も個人差が大きい

月経不順には、月経周期のトラブルのほかに、1回の月経が続く日数や、出血量の多い少ないといったトラブルもあります。

月経の期間にも個人差があります。月経日数の正常範囲は3~7日で、月経日数が8日以上ダラダラと続く場合を「過長月経」、逆に1~3日程度で終わってしまうのを「過短月経」といいます。

月経のときの出血量も人によって違いがありますが、ナプキンが1時間もたない、レバー状のかたまりがたくさん出る状態を「過多月経」、逆に、ほとんどナプキンをかえる必要のない程度の出血量しがない場合を「過少月経」といいます。

子宮内膜症などの病気を疑う

一般的に、過長月経は過多月経を伴い、あまりの出血量から貧血を起こすケースもあります。子宮内膜症などの病気が原因で、出血量が増えていることもあるので注意が必要です。

過短月経は過少月経を伴うことが多く、1~3日にほんの少量の出血しかないまま月経が終わってしまいます。これは排卵が起きていない無排卵性月経になっている可能性があります。

正常な月経の目安

1. 初経年齢

12歳(平均)

2. 月経周期日数 25~38日

25~38日

3. 出血持続日数 3~7日

3~7日

4. 出血量 20~140cc

20~140cc
1番多い日(2.3日目)でも昼は昼用ナプキンで済むくらい
(昼は夜用を使う必要がないくらい)
5. 閉経年齢 50~52歳(平均)
早いと45歳くらい・遅いと57.8歳と個人差が大きい

無月経と無排卵月経

3ヶ月以上月経が起きない「続発無月経」

妊娠中や授乳中以外で、それまであった月経が3ヶ月以上起きないことを「続発性無月経」といいます。

ストレスやダイエット、激しいスポーツなどが原因となって、脳の視床下部の機能が低下して起こります。また、高プロラクチン血症や甲状腺機能異常などが原因でも起こることがあります。

無月経にはほかに、18歳を過ぎても初経がみられない「原発性無月経」があります。これは染色体の異常や男性ホルモンの多量分泌など、様々な理由によって初経が起きない状態になっていると考えられます。

受診が必要な月経不順の症状

  • 24日以内に次の月経が始まってしまう
  • 頻発月経は無排卵の可能性があります。まれに不正出血を月経と勘違いしているケースも。
  • 1回の月経が8日以上続く
  • ダラダラ続いて出血量も多いときは、子宮内膜症などの病気が原因になっていることもあります。
  • 少量の出血で1 ~3日で終わってしまう
  • 排卵が起きていない可能性があります。
  • 月経か3ヶ月以上こない
  • 続発性無月経といい、放置すると不妊の原因にもなります。
  • 18歳を過ぎても初経が起きない
  • 18歳を過ぎても初経がみられない状態が原発性無月経。その前に、16歳を過ぎても初経がないようなら早めに婦人科に相談を。

様々な要因が招く「無排卵月経」

無月経は月経そのものがないのですから、当然排卵は起きていないことを自覚できます。でも、ちゃんと月経がきていても排卵を伴っていない月経もあります。これが「無排卵性月経」です。

過度のストレスや無理なダイエット、激しいスポーツ、不規則な生活など、さまざまな要因によって、卵胞の成熟が途中で止まって排卵が起きなくなります。また、多のう胞性卵巣症候群のような、卵巣の病気が原因で無排卵になることもあります。

無排卵性月経の放置は老化が進行!

排卵していないということは、妊娠しないということです。今すぐには妊娠を希望していないかもしれませんが、もしこの先妊娠を望んだときに、不妊になる可能性が高くなります。さらに無排卵を放置してしまうと卵巣機能が衰え、更年期障害のような症状が出たり、骨粗犠症になったりと、様々なトラブルが発生します。

無排卵性月経は、毎月普通に月経があるので、あまり気にしならず見過ごしてしまいがちです。でも、卵巣機能が衰えてしまうと、すぐには元の状態に戻せません。無排卵が疑わしい場合には、それを放置しないで、できるだけ早く婦人科を受診しましよう。

無排卵かどうかは基礎体温で調べよう!

無排卵は、月経周期、月経日数、出血量などに何らかのサインがあらわれるものです。これらの月経不順がみられたら、まずはちゃんと排卵が起きているかを知るために、基礎体温をつけてみましょう。

排卵がきちんと起きている正常な基礎体温のグラフは、月経から排卵までが低温期、排卵から次の月経スター卜前日までは高温期になり、二相性を描くのが特徴です。でも、排卵が起きていないと、グラフは低温期と高温期に分かれません。

理想的な基礎体温グラフ
基礎体温は排卵や黄体機能を知る上でも最も簡単で理解しやすい方法です。月経初期には体温が低く排卵が起きた後は卵胞は黄体化し黄体ホルモンを分泌します。

出典:北浜レディースクリニック

基礎体温を測ることは、このように排卵の有無を知ることができるだけでなく、自分の月経のリズムや妊娠しやすい時期も知ることができます。不正出血と月経の出血との見極めもできます。また黄体機能不全のような体のトラブルを発見できることもあります。卵巣の病気は自覚症状のないものが多いので、早めに卵巣の病気に気づくキッカケにもなりまず。

まずは自分で基礎体温を測って基礎体温表をつくり、それを持参して診察を受けるのが理想的でしょう。

治療とセルフケア

まずは排卵の有無を調べる

月経不順で婦人科を受診すると、月経の周期や量、月経痛の有無など、月経の状況を聞かれます。3ヶ月程度記録してある基礎体温表を持参すると、自分の月経の状態をうまく伝えることができるでしょう。

基礎体温表をつけていない場合には、これまでの月経がいつからいつまでだったかだけでもメモして、正確に答えられるようにしておきましょう。

ダイエットをしていないか、仕事は忙しいか、激しいスポーツをしていないかなご、生活状況も聞かれます。これは月経の乱れが何によるものなのかを判断するためです。妊娠の可能性などがある場合も、キチンと話すようにしましょう。

問診のあと、必要な場合は内診や血液検査などが行われ、排卵の有無を調べていきます。過多月経だったり、不正出血がある場合には、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気が潜んでいることがあるので、子宮や卵巣の超音波検査を行い、原因となる病気がないかを調べることもあります。

カウフマン療法で排卵を促す

検査の結果、無排卵であることがわかったら、自然な排卵を促すために、カウフマン療法という治療法を行うことがあります。

カウフマン療法は、まず通常の低温期に卵胞ホルモンを投与し、高温期に卵胞ホルモンと黄体ホルモンを投与することで、人工的に規則的な月経周期を作り出します。そして3~6か月程度ホルモン補充を続けたのちに補充をやめ、補充をやめたことによって起こる刺激で、自然な排卵を起こさせるという治療方法です。

ほかに低用量ピルを使って、女性ホルモンの分泌をコントロールする方法や、人工的に排卵を起こす排卵誘発剤を使って治療することもあります。

ストレスを取り除くことも大切な治療

ストレスが原因となって月経がこなくなるのを「心因性無月経」といいます。失恋や人間関係のトラブル、受験や仕事の精神的負担など、いろいろなストレスによって月経が止まってしまっているときは、まずはその原因を解消しなくてはなりません。

ダイエットが原因の無月経を「体重減少性無月経」といい、これはバランスのとれた食生活をすることで、月経を正常に戻すことが可能です。-

ただし、いつまでも無月経や無排卵性月経を放置しておくと、原因を解消しても自然な排卵が起きなくなって治療か必要になることも。無排卵が分かったら、妊娠を希望する・しないに関わらず、早めに対処するようにしましょう。

月経不順改善セルフケア

  1. ストレスをためない
    月経の指令を出す脳の視床下部は、ストレスに弱いので、少しでもストレスを解消するエ夫を。忙しい人は、週に数時間でもリラックスできる時間を意識的につくりましょう。
  2. 無理なダイエットは厳禁
    急激なダイエットにより、元の体重の10%以上を減量すると、月経が止まってしまうことがあります。これが続くと月経がずっとこなくなってしまうことも。
  3. バランスのとれた食生活を
    食生活はホルモンバランスを整えるだけでなく、健康に生活するための基本です。炭水化物や緑黄色野菜肉・魚・大豆製品などのたんぱく質などを、バランスよくとるように心がけましょう。

まとめ

婦人科は、通いなれてない人はもちろん、妊娠・出産経験がある人でも、あまり気軽に受診できないハードルの高さがあります。しかし、女性ホルモンや排卵のコントロールができるのは、医療機関しかありません。生理不順が気になるようなら、早めの受診をおススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはこちら

*