201509/07

大人女子必見!顔テカリはインナードライ肌の警告!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
子供のきれいな肌

テカテカのTゾーン。ファンデはよれよれ。このテカリやベタつき、もしあなたが20代前半までなら、脂性肌も考えられます。さっぱり水分補給重視のケアでOK。でももしあなたが20代後半以降なら・・・。そのテカリやベタつきは、“インナードライ肌の警告”という可能性大!

本来であれば、女性はホルモンの関係で、年齢とも皮脂分泌が少なくなってきます。だからこそ、スキンケアの最後にクリームや乳液で油分を補う必要があるのです。

ところが、最近の油分に傾きすぎたスキンケアのせいで、表だけに油分を与えて内部まで潤いが届かないという“インナードライ”の人が急増しています。内部がカラカラ状態のため、「肌をもうこれ以上乾かさないで!」という肌の内部からのサインによって、皮脂を分泌している状態なのです。

あなたは、次のようなことをしていませんか?チェックしてみましよう。

  • オイルクレンジングを使っている。
  • クレンジングで、油分の多いもの(全成分表示で〇〇〇油がはじめの方に来ているもの、あるいは〇〇〇油の種類が多いもの)を使っている。
  • メイクがごっそり落ちる、強いクレンジングを使っている。
  • テカるからローションだけで終わり、というさっぱりケアに徹底している。
  • ローション(化粧水)は1回つけたら終わり。
  • ファンデーションは、油分の多いリキッドファンデーションを使っている。
  • 剥がすタイプの毛穴パックを使っている。

これらはすべて”インナードライ肌の原因です。

乾燥と皮脂テカ、一見パラドックスのようで、同時に改善するのは難しいかもと思うかもしれません。そこで。乾燥とテカリを、同時にケアするテクニックをご紹介します。今までのスキンケアを見直し、うるおい美肌を目指していきましょう!

また、皮脂テカ部分の黒ずみを防ぐ方法、Tゾーンの処理もご紹介しています。

1 そのテカリ 本当に“脂性肌”?

脂性肌じゃないのに脂性肌と思い、さっぱりケアにとどめているという人は、決して少なくありません。「あぶら取り紙を使うと皮脂が取れるから……」というのは分かりますが、生きている以上皮脂が取れて当たり前。皮脂が取れなかったら、それはそれで大問題になってしまいます。元々日本人は肌のきめが細かいのが特徴。さらに、

  • 四季があり気温湿度の変化の多いこの日本での生活
  • 欧米と比べると脂っこくない食事
  • 女性は25歳過ぎたら皮脂分泌は低下

このような条件が揃っているので、根っからの脂性肌の人はそうそういないハズなのです。(ある調査によるとたった8%!)

「アブラギッシュ!」「オイリー!」「テカテカ!」「ギトギト!」が、何となく不潔感があって心配な気持ちになるかもしれませんが、アナタの肌は脂性ではない可能性が高いのです。恐れずに、しっとり保湿ケアをしてあげましょう。
肌の悩みアンケートを行ったところ、女性全体で見ると、10%ぐらいノーマル肌と判定される人がいます。出典:ZELo お肌喜ぶ店

皮脂を嫌いすぎないで

10~20代の若い肌は、水分量もですが、油分量も実はとっても多いのです。だから、「テカテカ」は嫌かもしれないけど、「テカッ」くらいなら、むしろ「ツヤッ」としていて、若く見えるハズなんです。皮脂を恐れず、また嫌いすぎず、しっとりケアをしてあげましょう。

インナードライ肌のケアポイント4つ

「表はオイリーなのに、内部は砂漠!」
これがインナードライ肌。ベタつきやテカリが気になる人は、まずクレンジングと洗顔を見直しましょう。

1. クレンジングや洗顔時に油分が少ないものを選び、皮脂の落としすぎに注意

皮脂を取り除きすぎると、かえって皮脂分泌が活発になり、オイリー肌になってしまいます。

2. 保湿成分の入ったローションをたっぷり入れる

たっぷり入れるというのは、何度も何度も浸透させて、肌の上にローションが残る、肌がもういらないというまで浸透させることです。

3. 保湿成分と油分が適度に入った、ゲルクリームや乳液などでさらに保湿を

べ夕べタするからと言って嫌わずに、特に夜はキチンと保湿をしましょう。肌が皮脂分泌を行うのは、自分が皮脂不足だと認識するからなので、適度な油分を与えることによって余計な皮脂分泌を抑えられます。インナードライ肌を改善すれば、不自然なテカリは必ずおさまるハズですよ。

4. 剥がすタイプの毛穴パックはNG!

剥がすタイプの毛穴パックは角栓が取れ、とても効果的に見えますが、実は必要な角質層までも取ってしまうのでおススメできません。角質層が薄くなるということは、肌バリア機能が弱まり、さらなる皮脂分泌を促してしまいます。

2 大人女子の皮脂テカに スペシャルケア3つ

「頬や目元はカサつくのに、Tゾーンはテカる」という人は、結構多いのではないでしょうか?これは、「混合肌」とか「コンビネーション肌」とも呼ばれるもので、大人女子に多い肌タイプです。

水分のバランスを顔全体に均一してあげる

顔の部分によって、皮脂と水分のバランスが乱れているので、顔全体を均一に近づけることが決め手。そのためには、テカリと乾燥部分でそれぞれ違うケアが必要です。テカリ部分は皮脂を抑えて引き締め、乾燥部分は潤いを肌奥まで届けるようにしましょう。

化粧崩れの気になる部位で一番多いのはTゾーンでした。出典:All About オールアバウト ビューティ

皮脂テカにはパッティング、乾燥にはクリーム厚盛り

皮脂にはさっぱり化粧水、乾燥にはクリームを使いますが、それぞれの使い方にもひと工夫。

皮脂テカ部分

さっぱり系の化粧水をコットンに含ませ、皮脂の多い部分を下から上にパッティングする。

乾燥部分

濃厚なクリーム(しっとり系なら手元にあるものでも可)をたっぷりとのせ、10分放置したら。テイッシュでふき取る。

一度に2種類のパックで肌のバランスを均一に

クレイは毛穴の汚れを溶かし、浮き上がらせる効果があります。テカリゾーンには、皮脂を吸着するクレイパック、乾燥ゾーンには潤いガードカの高いナイトクリームを同時に塗って、10分後洗い流します。皮脂を取るクレイ、潤いを与えるクリームを一度にパックするので、時間短縮ケアになりますよ。

参考:アルジタル グリーンクレイペースト/アルジタル

アルジタル グリーンクレイペーストは、イタリアシチリで作られたの本格オーガニックスキンケアです。数百万年前の海の底だった海泥とオーガニックハーブを組み合わせた製品です。出典:石澤研究所 公式サイト

うるおう海泥(グリーンクレイ)にオーガニック植物エキスを加えたフェイス&ボディ用ゴマージュ&トリートメントマスク。海洋由来のミネラルが豊富なクレイで、乾燥すしすぎないのが特徴。洗い流した後には1トーン明るい透明美肌。肌にのせた瞬間包み込まれる、スーッと清涼ハーブの香り。

参考:キラリエ ナイト トリートメント/キラリエ
形状の異なるコラーゲンやヒアルロン酸を多種配合することで、肌の表面から角質層の奥まで、水分を届ける。つけてしばらくすると、パックに変化し、コラーゲンやヒアルロン酸を中心とした保湿成分が、肌の角層に浸透。

キラリエは、目の下のクマ(茶クマ・青くま・黒くま)たるみ、目の周りの小じわや乾燥が気になる方のアイクリームです。出典:株式会社オリガミ

時間差洗顔で皮脂テカ部分の黒ずみを防ぐ
どうしても皮脂が奪われる洗顔の際は、テカリ部分と乾燥部分の泡力泡がのっている時間を調整すると効果的。皮脂部分から洗い始め、乾燥部分は最後に泡をのせて洗っていくだけ。洗い終わったら、いつも通り、ぬるま湯ですすいでください。

まとめ

美容用語では、インナードライは肌の状態、混合肌は元々の肌質を指します。ただ、肌状態はもちろん、肌質も年齢や環境によって変化するものなので、「私は○○肌」と決めつけてしまうと、本当に肌が欲しているスキンケアが見えなくなることに・・・。

皮脂のテカリ対策を一生懸命にしてきても、あまり効果が見られないどころか悪化しているという場合は、10代・20代前半のときと同じようなスキンケアは一度リセットし、肌の声に耳を傾けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはこちら

*