201602/29

女子力UPのために!ひざ・ひじの黒ずみを消す3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
i-put-out-darkening_1

あなたのひざやひじ、ゾウのような肌になっていませんか?

ひじがゾウのような肌になる

足の太さばかり気になりがちですが、ひざ・ひじは意外と人に見られています。せっかく美脚でも黒ずんでいたら台無し!ひざやひじのケアを怠ると、年齢も老けてみられるだけでなく、アナタの女子力までもが問われてしまいます。

ひざ・ひじの黒ずみ対策には、「正しい角質ケア」&「念入りな保湿」、そして「黒ずみを作らせない日常習慣」がポイント。これから、それらのテクニックをご紹介します。ぜひご参考くださいね。

ひじ・ひざの黒ずみ3大原因

服や床との摩擦

摩擦とは、主に毎日着る洋服との摩擦、机や床との摩擦によるものです。こすれて摩擦が起きやすい化学繊維を避け、肌に優しい綿素材など肌当たりの良いものを選びましょう。もしくは、洋服を着る前にボディクリームを塗るようにすると摩擦を軽減できます。さらに、デスクとひじの間には、タオルを1枚挟むだけでもひじを保護できます。

体を支えるときの圧力

ひじをつく癖、ひざをつく環境も黒ずむ原因です。肘・膝は圧力がかかりやすい部分なので、皮膚の構造も顔とは違い、角層が分厚くなっています。角層が分厚いと乾燥しやすく、くすみが目立ちやすいというデメリットがあります。角層が分厚いと、乾燥しやすいだけでなく、肌が硬くなりやすいのも難点でしょう。

保湿ケア不足の乾燥

ひじ・ひざは他のパーツよりも皮脂腺・汗腺が少なく、乾燥しやすくなっています。皮脂は皮膚表面を保護する役割がありますが、ひじ・ひざは皮脂の分泌が少ないため、皮膚を保護する力が弱くなります。すると、バリア機能の低下→さらにダメージを受けやすくなる→黒ずみができる→治りにくく黒ずみに長期間悩むことになるという悪循環が起こるのです。

バリア機能が低下する肌出典:berry miku

黒ずみケアは角質除去&保湿の2本柱で

ひざ・ひじの黒ずみケアは、とにかく保湿すればいいというわけではありません。皮膚表面に古い角質が蓄積し硬くなっていると、いくら黒ずみケアをしても保湿成分は浸透しないのです。まずは、皮膚表面の角質を取り除くことが先決。その際には、スクラブやピーリング剤の使用が適しています。

ただ、黒ずんだ肘・膝の皮膚はそう簡単にはやわらかくなりません。保湿ケアと並行して、スクラブやピーリングで皮膚表面の古い角質の除去を行いましょう。

スクラブ&ピーリングで古い角質をオフ!

ピーリングは、皮膚表面の角質を溶かして除去するものです。スクラブは、重曹のように肌表面を磨いて、溜まった角質を除去するものです。どちらも肌の古い角質を除去する効果があり、遅くなったターンオーバーのサイクルを正常サイクルに導いてくれます。スクラブ、ピーリングによって、肌をやわらかくし、毛穴つまりの掃除もできます。ただし、肌の角質を無理やり取り除くため、肌の弱い方には刺激になることもあります。

重曹スクラブ(レモンジュース)

【用意するもの】

  • 重曹(1/4カップ)
  • レモンジュース

【使い方】

  • 重曹(1/4カップ)にレモンジュースを加え、よく混ぜてペースト状にする。
  • ひざ・ひじに塗り、柔らかく膝の角質と混ぜ合わせるように、くるくると約1分マッサージします。
  • 20分そのまま置いたら、水やお湯で良く流し、タオルで拭き水気を取る。

塩スクラブ

【用意するもの】

  • ボディーソープや石鹸

【使い方】

  • ボディーソープや石鹸を泡立て、そこに塩を加えます。
  • 膝につけ、優しくマッサージします。
  • 水やお湯で良く流し、タオルで拭き水気を取ります。

手持ちのスクラブで

【用意するもの】

  • お手持ちのスクラブ
  • 化粧水
  • 保湿クリーム
  • コットンやティッシュ
  • ラップ

【使い方】

  • ローションを含ませたテッシュやコットンを膝にのせ、 約5分おく
  • 手持ちのスクラブで、パックして柔らかくなった膝の角質を取る。
  • 水やお湯で良く流し、タオルで拭き水気を取ります。
  • 保湿クリームを塗り、ラップでパックし約5分おく。

週1~2回するようにします。

パックでみずみずしい肌に

角層の細胞や細胞と細胞のすき間に潤いを与えるために使います。パックを使用することで、皮膚の中に通り道ができるので、その後に使用するクリームなどの浸透が高まります。さらに、角層が潤いで満たされると、バリア機能が高まり、外部からの刺激に対して強くなり黒ずみにくくなるのです。

レモン汁パック

【用意するもの】

  • スライスしたレモン

【使い方】

  • スライスしたレモンの絞り汁を膝につけ、くるくると角質となじませ、 10~15分置く。
  • 蒸しタオルで拭き取る。

週3~4回するようにします。

重曹パック

【用意するもの】

  • 重曹
  • オリーブオイル

【使い方】

  • 重曹にオリーブオイルを入れペースト状にする。
  • ひざ・ひじに塗り、10分程置く。
  • 水やお湯で良く流し、タオルで拭き水気を取る。

ヨーグルトパック

【用意するもの】

  • ヨーグルトの「乳清(別名ホエイ)」※上に溜まる透明な水分
  • テッシュやコットン

【使い方】

  • ヨーグルトの上にある透明な水分をテッシュ又はコットンに染み込ませる。
  • 染み込ませたテッシュ又はコットンを膝に貼り、10~15分ほど置く。
  • 水やお湯で良く流すか、タオルで拭き取る。

ヨーグルトには、ピーリング効果や肌代謝を促進する効耳果があります。

仕上げの「保湿」までぬかりなく!

ひじ・ひざの皮膚をやわらかくしたら、次に保湿成分を肌に与えましょう。特にお手入れをした後は、それだけで満足してしまいますが、そのまま何もせずにいると、また角質が硬くなり、黒くなってしまいます。

出来れば、顔のお手入れのついでにひざやひじも、化粧水や乳液、クリームなどで日常的にお手入れする事で、乾燥を防ぎ黒ずみ防止になります。

成分を用いることで黒ずみ対策と予防もできます。保湿ケアには、保湿効果の高いクリームにすると、皮膚の表面をカバーする役割もできます。ワセリンやシアバター、馬油などを使えば高コスパ!

黒ずみを改善する3大美容成分

保湿ケアと同時に美白ケアを行うと、くすんだひじ・ひざの黒ずみもより早く元に戻すことができます。美白ケアには、メラニンにアプローチするものや、肌代謝を促すことで黒ずみをケアしていくものがあり、その代表的なものは次の3つです。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは、メラニンの生成を抑制する働きがあります。皮膚の構造は表皮と真皮、皮下組織に分けられます。メラノサイトというメラニンの生成工場は、表皮と真皮の境にある基底層で行われます。

基底層にメラニン生成の指令が下りると、チロシナーゼという酵素が活性化され、チロシンというアミノ酸が黒色メラニンとなります。ハイドロキノンは、チロシナーゼという酵素の活性化を阻止する働きがあり、メラニンによる黒ずみを予防できるのです。

トレチノイン

ビタミンA誘導体の1つ。肌代謝を促進し、メラニン色素をもつ肌細胞を表面に押し出そうとします。ビタミンA(レチノール)の100倍の働きをすると言われています。肌代謝を促進することでメラニン色素を含む細胞を肌から追い出すことはできますが、メラニンの生成を抑制するわけではありません。

また、肌代謝を促進するため使い方を間違えるとターンオーバーが早くなりすぎて、バリア機能の低下により色素沈着になりやすい肌になることもあります。

メラニン色素をもつ肌細胞出典:アイ美容外科 リベールクリニック

尿素

尿素はハンドクリームなどに配合されている成分です。肌細胞を構成する保湿成分の一つであり、角質を溶かすピーリング作用もあります。尿素には、保湿・角質除去・角質柔軟・細胞の活性化があるので、尿素配合のハンドクリームを黒ずみに塗り込んでみてください。

尿素の配合が高いものは、ターンオーバーを早めることになります。市販のものでは、尿素を20%配合したものがありますが、濃度が高い分、刺激が強くなります。まずは、10%前後のものから始めた方が良いでしょう。

黒ずみケアは時間をかけて根気よく

ピーリングやスクラブなど角質を除去するケアの頻度は週に1度まで、保湿ケアは毎日×1ヶ月以上続けることが黒ずみケアの基本です。ひじ・ひざの黒ずみケアで多くの人が間違ってしまうのは、とにかく角質を剥がそうとすることです。角質は本来自然と剥がれ落ちていくものです。

黒ずみが気になるからといってスクラブやピーリングを頻繁に行ったり、トレチノインや尿素の配合濃度が高い成分の使用方法を誤ると、肌は一旦改善傾向に向かいますが、その後、改善を通り越して黒ずみが再発してしまいます。

顔の皮膚のターンオーバーは正常な肌でも約28日間かかります。年齢を重ねていくと、自分の年齢の数以上にターンオーバーが遅くなるとも言われているので1ヶ月半以上かかる人もいます。ひじ・ひざのターンオーバーは、顔の皮膚より厚みがあるので少なくとも1ヶ月以上はかかることに。ひじ・ひざの黒ずみケアは根気強く、長期的なケアが必要なのです。

ひざ・ひじを黒ずみ予防する日常生活を

できてしまったひじ・ひざの黒ずみをとるケアはもちろん大切ですが、日ごろから、黒ずませない対策を取り入れることも不可欠です。膝の黒ずみの原因となる3つ、「摩擦」「乾燥」「圧力」を防ぎましょう。それぞれについてご紹介しますので、ぜひ取り入れてみてください。

「摩擦」「圧力」の原因となるのはこんな生活習慣

ひざ・ひじの黒ずみを避ける第一歩は、摩擦を避けること。摩擦は、主に生活習慣から起きているものが多いのです。

  • 座敷などでは膝立ちで移動しない
  • 長時間の正座やあぐらを避ける
  • 立ったり座ったりする際に、膝をつかない
  • ナイロンタオルでゴシゴシ強くこすって洗わない
  • スキニージーンズなど、素材が硬くぴったりしたボトムはできるだけ避ける
  • ほおづえをつかない

日本人は生活スタイルの影響で、膝が黒ずみやすくなりますが、できる範囲で気をつけることが重要。素肌は刺激を受けやすいので、ひざが出るミニスカートやショートパンツ、ヒジの出る半そでのときは、擦らないよう気をつけましょう。

ひざを組む女性のひざの肌荒れ

保湿ケアをして「乾燥」を防ぐ

次に大切なのは乾燥を防ぐことです。膝には皮脂腺が少ないので、そもそも乾燥しやすい場所なうえ、摩擦が原因で、膝の角質が厚くなり、その結果乾燥が悪化ということもありえます。顔に対するケアと同じように、膝にも毎日、化粧水、クリームなどで保湿してあげましょう。

また、盲点になりやすいのは「日焼け」です。顔や首には日焼け止めを塗るけど、ひざやひじには塗り忘れがち。ひざやひじの出るファッションのときは、紫外線対策もしてください。

まとめ

キレイなひじ・ひざを手に入れられれば、肌見せファッションも自信を持って楽しめます。それまで時間がかかりますが、根気よく地道に取り組みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントはこちら

*