201709/28

カルシウムサプリのおすすめは?吸収率・価格・安全性で一押しなのはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カルシウムサプリのおすすめは?吸収率・価格・安全性で一押しなのはコレ!

日本人は慢性的なカルシウム不足って本当?

日本人の多くは、慢性的なカルシウム不足に陥っています。

厚生労働省が行った「平成21年度国民健康・栄養調査」によると、日本の成人のカルシウム摂取量は、1日の最低必要量の600mgに、過去50年間1度も達したことがありません。実に国民の60%がカルシウム不足の状態です。

特に、女性のカルシウム不足は深刻で、閉経後に急激に減少するため、骨の健康への影響が懸念されています。

日本人のカルシウム不足の主な原因として、日本のほとんどの地域の水が「軟水」で、カルシウムやマグネシウムなどのミネラル含有量が少ないことが挙げられます。飲用水はもちろん、土壌に含まれるカルシウムも少ないので、そこで育つ野菜も、欧米のミネラル分が多い「硬水」で育った作物に比べて栄養価が少なくなってしまうのです。

そんな厳しい環境下でも、昔の日本人は小魚や海藻などから適度にカルシウムを摂取していました。
しかし、最近では食生活の欧米化に伴い、魚から肉中心のメニューへ変化しています。
加えて、カルシウムの吸収を妨げるインスタント食品やファストフードの摂りすぎも、カルシウム不足に拍車をかけています。

このように、現代を生きる日本人にとって、カルシウムは不足しがちな栄養素です。
カルシウムが不足した状態を放置していると、さまざまな問題を引き起こします。

しかし、毎日の食事だけで必要なカルシウム量を満たすのは難しいもの。カルシウムサプリを取り入れて、効率的に補うことをおすすめします。
 

カルシウムの働き

カルシウムとは、人体にとって必要不可欠なミネラルのひとつです。

人間の体は水分が6割を占めており、それ以外の96〜97%は、炭素分子・酸素分子・水素分子・窒素分子の4元素で構成されています。残りのおよそ4%が、カルシウムに代表されるミネラルです。

割合としては決して大きな数字ではありませんが、ミネラルをなくしては私たちの健康を維持することはできません。つまり、カルシウムはわたしたちにとって重要な栄養素なのです。

カルシウムには多くの役割があり、骨の形成をはじめとして、私達の健康維持に役立ちます。
 

・骨や歯の形成

カルシウムの働きは骨や歯を作る
カルシウムは、リンなどと結合してリン酸化マグネシウムとなり、骨や歯の形成に役立つ重要な栄養素です。
骨は、毎日新しく生まれ変わっているため、毎日骨の形成が行われています。

このため、カルシウムは毎日摂取し続ける必要があるのです。
 

カルシウムサプリを選ぶポイントとは?

カルシウムサプリはいろいろな種類があるので、どのような基準で選ぶべきなのか迷ってしまう方も多いかもしれません。そこで、カルシウムサプリ選びのポイントをまとめてみました。
 

ポイント1.1日に必要なカルシウム量を補える

カルシウムサプリを選ぶポイント①1日に必要なカルシウム量を補える
2015年に厚生労働省が発行した「日本人の栄養摂取基準」によると、成人1日あたりのカルシウム推奨量は650〜700mgです。

カルシウム多く含む食品の筆頭にあげられる牛乳のカルシウム量は、コップ1杯(200cc)で約225ml。食品のみからカルシウムを摂取するとなると、量も多く吸収率も低いので、なかなか推奨量に到達するのは難しいといえるでしょう。

実際、日本人の20歳以上の平均摂取量は517mg程度にとどまっています。

1日に必要とするカルシウム量を賄うためにも、カルシウムサプリを選ぶ際は、不足分の約150〜300mgを補えるものを選ぶことが大切です。特に牛乳や小魚を日常的に摂る習慣のない人は、カルシウムが300mg配合されているタイプをおすすめします。
 

ポイント2.吸収率が高い

カルシウムは牛乳や乳製品、小魚、海藻、野菜などに含まれていますが、吸収率は約19%~40%程度にとどまり、決して高くありません。

そのためカルシウムサプリを選ぶ時には、吸収率が高まる工夫がされている製品を選びましょう。

最近、カルシウムの吸収率を高める成分として注目を集めているのが、CPP(カゼインホスホペプチド)です。CPPとは、牛乳由来の主要タンパク質であるカゼインが、小腸にある酵素で分解されることによって得られる物質です。

CPPには、カルシウムが腸内でリン酸と結合して体外に排出されるのを防いで、吸収率をアップする効果があることが明らかになっています。効率よくカルシウムを摂取するには、CPP配合のカルシウムサプリを選びましょう。

また、カルシウムサプリ選びで大事なのは、吸収されやすい原材料をつかっているかどうかをチェックすることです。

カルシウムサプリには、貝殻や魚の骨から作られたものやドロマイトと呼ばれる鉱物から作られたものがあります。これらのタイプは安価なのが魅力ですが、吸収率が高いとはいえません。

一方、卵殻由来のカルシウムは、小さな穴が無数にあいている「ホーラス構造」になっているため、体内へ吸収されやすくなっています。

カルシウムサプリを選ぶ際には、CPPが添加されているもの、原料に卵殻由来のカルシウムを使用しているものなど、成分にこだわりがある製品を選ぶことをおすすめします。

通常のサプリに比べるとやや割高になりますが、その分高い働きが期待できるでしょう。
 

ポイント3.吸収率を高める成分が含まれている

カルシウムは単体で摂取しても吸収されにくいので、体内で効率的に使うことは難しいでしょう。

マグネシウムやビタミンDなど、カルシウムの吸収をサポートする栄養素を一緒に摂ることが必要です。

これらの成分がバランス良く配合されたカルシウムサプリをおすすめします。
 

ポイント4.続けやすい価格

カルシウムサプリは短期間で実感が期待できるものではありません。長期間、継続して飲み続けることが大切です。

1日当たりの価格を確認して、無理なく飲み続けられる価格のサプリを選びましょう。

しかし、いくら安価でも品質に問題があるのでは意味がありません。品質と価格のバランスのとれたコスパの良い製品をおすすめします。
 

ポイント5. 安全性が高い

カルシウムサプリは長く飲み続けるものですから、安全性も必ずチェックしておきたいところです。

成分研究や検証を重ねて、厳選された原材料のみを使用し、品質管理を徹底しているメーカーの製品を選びましょう。
 

おすすめカルシウムサプリ3選

数あるカルシウムサプリの中から、上記のポイントを押さえた製品をピックアップしました。自分に合ったサプリ選びの参考にしてください。
 

イチ押し商品!

カルシウム&マグネシウム(サントリー)

サントリーカルシウム&マグネシウム
大手メーカーのサントリーが原料と成分配合にこだわって作った、信頼性の高いカルシウムサプリです。体への吸収率を高めてしっかり骨に届けるために、さまざまな工夫がされています。

◆こだわり1.卵殻由来のカルシウムを使用

体内への吸収率を高めるために、原材料に厳選したニワトリの卵の殻を使用。卵殻カルシウムは表面に小さな穴がたくさんあいた「ホーラス構造」なので、胃酸が穴の中まで浸透し、カルシウムが体内で分解されやすくなります。牛乳と同じくらい吸収率が高い素材なので、効率的にカルシウムを摂取することができるでしょう。

◆こだわり2.吸収率を高めるCPPを配合

摂取したカルシウムを体内へしっかり届けるために、牛乳由来のCPPを配合。CPPには、カルシウムの吸収を通常の約1.7倍に高めるパワーがあるといわれています。さらに、腸内でのカルシウム吸収を助けるビタミンDを加えることで、より高い吸収率が期待できます。

◆こだわり3.カルシウムの代謝に必要なマグネシウムを配合

体内に吸収したカルシウムの働きのために、カルシウムとともにマグネシウムを取り入れることが大切です。配合成分であるマグネシウムと骨の形成をサポートするビタミンKが、骨の健康のために一役買っています。

◆こだわり4.カルシウムが300mg配合されている

カルシウムサプリといっても、製品によってカルシウムの含有量はまちまちです。サントリーの「カルシウム&マグネシウム」は1日の目安量の4粒で300mgを効率よく摂取することができます。牛乳や小魚などをあまり食べない人にも安心です。

◆こだわり5.1日あたりのコストが30円

定期購入を利用した場合、約30日分で900円(+税)。1日あたり30円と手頃な価格帯なので、継続して飲みたい人におすすめです。

●内容量:120粒(約30日分)
●価格:1,000円(税抜)
●特典:定期お届けコースで10%オフ 900円(税抜)送料無料
●特徴成分:カルシウム、CPP、マグネシウム、ビタミンD、ビタミンK
●1日の目安:4粒

>>公式サイトを見る http://www.suntory-kenko.com/
 

大正カルシウム&コラーゲンMBP(R) (大正製薬)

大正カルシウム&コラーゲンMBP(R) (大正製薬)
骨の形成に必要なカルシウムに、「MBP」というミルクにわずかしか含まれていない貴重なタンパク質を加えているのが特徴です。さらにカルシウムの吸収率を高めるマグネシウムを理想的な2:1の割合でバランスよく配合。

さらに、骨の土台となるコラーゲンをカルシウムと同じ300mgも贅沢に配合されているから驚きです。カルシウムとコラーゲンを同時に摂ることで、丈夫な骨づくりをしっかりサポートします。

1日分がアルミで小包装されているので、粒を数える手間いらず。持ち運びが便利なので、外出先でも手軽に飲めるのも嬉しいですね。1袋で1日の推奨摂取量の半分にあたる300mgのカルシウムを補うことができます。

●内容量:150粒(約30日分)
●価格:3,780円(税込)
●特徴成分:カルシウム、コラーゲン、マグネシウム
●1日の目安:5粒

>>公式サイトを見る https://www.taisho-direct.jp/
 

カルシウムグミ(有限会社ルーティ)

カルシウムグミ(有限会社ルーティ)
子どもの成長には良質なカルシウムが欠かせません。成長期にピッタリの子ども用カルシウムサプリを選びましょう。「カルシウムグミ」には、子どもの成長に必要不可欠なカルシウムやマグネシウム、ビタミンDがバランスよく配合されたサプリです。

子どもたちが大好きな「グミ」タイプにすることで、食べやすさと美味しさを追求しました。外側が甘い糖衣で包まれており、おやつ感覚で取り入れることができます。

品質管理を徹底し、安全性を重視しているので子どもが口にしても安心です。保存料は一切使用されていません。

●内容量:180粒x2箱(約2カ月分)
●価格:8,208円(税込) 2回目以降、7,797円
●キャンペーン:定期購入で初回限定1,000円オフ 6,797円(税込)
●特徴成分:カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、亜鉛、コラーゲン
●1日の目安:6粒

>>公式サイトを見る http://www.calciumgumi.jp/
 

カルシウムサプリの効果的な飲み方は?

カルシウムサプリは、サプリメントなので、いつのむのがよい、等はありません。
継続的に摂取することが大切なので、摂取を忘れないようにすることが一番重要です。

また、サプリメントの1日の目安量が複数粒、となっている商品がほとんどなので、朝昼晩に分けて、毎食後に飲むようにしたり、朝起きた時、寝る前に、など、ご自身で決めた時に少しずつ飲むようにすると、粒タイプが苦手な方も気負うことなく摂取できるのではないでしょうか。
 

カルシウムサプリの注意点

カルシウムサプリの注意点
厚生労働省が提示するカルシウムの耐用上限量は、男女ともに2500mgです。その為、カルシウムをサプリで摂取する場合はこの上限を超えないように注意しましょう。

カルシウムを多量に摂取すると、軟便(下痢)になる恐れがあります。
1日の目安量を過剰に超えての摂取によってより健康が増進するものでもありません。
飲み過ぎは禁物なので、1日の摂取目安量はきちんと守りましょう。

また、薬と併用する場合は、医師へ相談してください。
 

カルシウムを食事で摂るには?

カルシウムサプリはあくまでも補助食品なので、普段の食事をしっかりとり、バランスのとれた栄養素を取り入れることが目的となっているものです。なるべく食事から直接カルシウムを摂取するよう心がけましょう。

カルシウムを多く含む食品は次のとおりです。
 

カルシウムを多く含む食品

カルシウムを多く含む食品 ししゃも、丸干しイワシ、桜エビ、ちりめんじゃこなど
・乳製品…牛乳、チーズ、ヨーグルト、乳酸飲料など
・魚介類…ししゃも、丸干しイワシ、桜エビ、ちりめんじゃこなど
・豆類…豆腐、豆乳、納豆など
・野菜、海藻類…小松菜、ほうれん草、ひじき、切り干し大根など

カルシウムを効率的に摂取するために、ビタミンDを多く含む魚介類やキノコ類、卵などを組み合わせた献立づくりをおすすめします。
 

<まとめ>

カルシウムは骨や歯の形成のみならず、私たち人間に重要なミネラルです。
日本人の食生活では不足やすい栄養素なので、カルシウムサプリを上手に取り入れましょう。

カルシウムサプリは、長く飲み続けることで働きを実感できるもの。信頼の置けるメーカーの製品を選ぶことが大切です。

今回おすすめしたカルシウムサプリ3選
・カルシウム&マグネシウム(サントリー)
・大正カルシウム&コラーゲンMBP(R) (大正製薬)
・カルシウムグミ(有限会社ルーティ)

健やかな毎日を過ごすためにも、サプリを利用してカルシウム貯金を殖やしましょう。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加